初めまして

 全国の心ならずも平成の大合併により市部に呑み込まれ、周辺部に成り果て衰退する町や村を取り戻そうとしている人々の交流広場です。平成の大合併は「合併促進法」という合併ありきの一方通行の法律で合併したものの、合併促進法は文字通り合併を促進するための法律でしかなく、その反対の分流・独立に関する法的手段は何等用意されていません。地方自治法に定める住民直接請求による町や村の分立や分離を求めるなら、広大な市全域を対象とした住民運動を展開するしかなく、到底全市域住民の理解を得られるとは思えません。中央に位置する「市部」に見捨てられ、周辺町・村だった地域は衰退の一途を辿るしかありません。限界集落は消滅集落となり、耕作放棄された山麓の田畑はイノシシに掘り返され、樹木が茂って原野へ帰っています。こうした事態に嘆くのは古老たちだけではありません。せめて地域住民の手で町や村の未来を決めたいと思います。
 再び町や村を地域住民の手に取り戻すためには「分立法」を国会で制定して頂き、旧町や村の住民の1/50の署名で「分立協議会」設立の是非を旧町や村の有権者による住民投票の過半数の同意により設置できるようにしなければ不可能です。まさしく「合併促進法」はそうした法律の構成で成り立っていました。それなら「分立、分離」に関しても同様の法律が用意されて然るべきだと思います。そうしたお考えに賛同して頂ける方々の力を結集して「分立」法制を制定すべく、国に働き掛ける一助にでもなればと願っています。活発なご提言やご意見が寄せられることを期待いたします。

2021年09月07日