交流広場

ご意見の一覧

O.S氏へのお礼

前略
 大変貴重なご意見をありがとうございます。さっそく仲間と協議して、分立後の町村がたちまち直面する財政問題等を検証し、論理的な裏付けを以て説明ができるようにしたいと思います。

 O.S氏の「宮城県小野田町(非公式)」を拝見させて頂きました。喪われた地域を住民の手に取戻すための立派なサイトを立ち上げられていて、心強い限りです。共に地域社会の未来のために手を携えて頑張っていきましょう。

熊毛町を取戻そう会

2022年02月11日

市町村の分立についての意見

熊毛町を取戻そう会 御中

こんにちは。宮城県加美町小野田のO.Sです。お世話になっております。
投稿の件、ありがとうございました。

先日、私の友人(小野田在住大学生)と市町村分立について話したのですが、その際に出た話題についてお伝えしようと思い、今回ご連絡しました。


友人に貴団体の活動を紹介したところ、強く賛同しておりました。友人とも話したのですが、市町村の分立にあたっては、「分離独立したら財政破綻してしまうのではないか」という住民の不安を取り除く必要があると思います。地方交付税の一本算定移行などの事情を勘案すると、今後は非合併団体よりも合併団体の方が厳しい財政運営を強いられることは明白です。こういった地方財政の現状をしっかり住民に知ってもらうことが、市町村分立実現のために重要になるのではないかと思いました。

また、合併後の町しか見たことがない我々のような若者は、合併前の町の様子を知らないため、市町村の廃置分合というものを意識しにくいのではないかと思います。私も各種資料を見て初めて旧小野田町時代の様子を知りましたが、それまでは合併の功罪なんて考えたことがありませんでした。小野田町時代の資料を読んで初めて、自分が抱く行政への不満の根本的原因が合併であったのだと認識しました。

そこでまずは、行政に不満を持つ若者たちに「分立という道もある」ということを知ってもらう必要があるのではないかと思いました。実際、友人も「言われてみれば独立もアリだな」という感じで共感してくれたため、分立の可能性を示すだけでも若者の感情は大分変わると思います。幸い、我々が住むような田舎町には、町政に関心がある若者も多いです。そういった若者としては、行政への不満を持っていても、どうして良いか分からないというのが現状だと思います。若者が、行政への不満の解決策として「分立」を視野に入れることができれば、分立を目指す運動は一気に広まるような気がします。

分かりにくい文章となってしまいすみません。拙い意見ですが、少しでも参考になれば幸いです。これからさらに賛同の輪を広められるよう、私も微力ながら協力していきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

<追伸>

(1点目)
下記リンクは、(株)ふるさと回帰総合政策研究所の玉田樹様が書かれた論文です。以前この論文を読んで大変感銘を受けたため、是非ご紹介したいと思いました。

既に皆様もご覧になったかもしれませんが、その際はご容赦ください。

http://www.furusatosouken.com/180630bunribunkatsu.pdf

市町村の「分離・分割」について考える〜地方創生を形あるものにするために〜(試論)



(2点目)


私が管理している「宮城県小野田町(非公式)」というアカウントで、貴団体の活動を紹介させてもらいました。掲載について何らかの不都合等ございましたらご連絡ください。

Twitter:

https://twitter.com/onoda_town/status/1482341095992623110

ブログ:

https://ameblo.jp/onoda-miyagi/entry-12721498591.html




*「会」からの連絡事項。

 O.S氏から寄せられた「情報」(株)ふるさと回帰総合政策研究所の玉田樹氏が書かれました論文に関して、玉田氏のご了承を得て参考資料ページに掲載させて頂いています。

 さらに玉田樹氏からご紹介を受けました大東文化大教授島田恵司氏の論文「消された町村ーー平成大合併の結末」も島田教授のご了承を得て参考資料ページに掲載させて頂いています。是非参考資料にも目を通して頂きたく思います。

 なお、本会活情報や、このサイトの転載等は歓迎すべきことです。様々な活動を通して「分立法」制定を求める声が。全国津々浦々から澎湃として湧き上がることを望んでいます。

2022年02月11日

o.s氏へのお礼

o.s 様
 ご投稿いただきまして大変ありがたく存じます。早速、再掲させて頂きました。
 私たちの「熊毛町を取戻そう会」の活動により、平成の大合併で失われた「故郷」を取戻そうする人たちが全国の地域を超えた連帯が形成できればと考えています。そして失われた「故郷」の未来を地域住民の手に取り戻して、子々孫々にかけがえのない地域社会の文化や伝統を受け継ぎ、地域がさらに住み良くなるように地域住民が主導権を持って主体的に「決められる」社会を取戻せれば、と考えています。
 山口県と宮城県と遠く離れていますが、地域を超えて今後とも連携できていければと念願致します。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
  令和4年1月26日
                                                 熊毛町を取戻そう会

2022年02月11日

小野田町の今

 私は宮城県加美郡小野田町出身の大学生です。先日、貴団体の熊毛町分立に向けた活動をネットニュースで知り、大変感銘を受けたため、ご連絡しました。
 小野田町は平成15年4月1日、宮城県の平成の大合併第一号として、宮崎町および中新田町と合併し、加美町となりました。現在、加美町役場は中新田地区にあり、小野田と宮崎がいわゆる「周辺部」となっています。合併は失敗だった、合併前の方が良かった、という地域住民の声は多く、私も住民皆様の意見に強く共感しております。
 旧3町が合併してから出てきた代表的な弊害としては、以下のような点が挙げられます。
・除雪の頻度が低くなった(周辺部)
・健診の会場が遠くなった(周辺部)
・銀行支店が廃止された(周辺部)
・バス路線が廃止された(周辺部)
・公共施設の統廃合が進んだ(周辺部)
・商店街が寂れた(全地区)
・特色ある観光政策が無くなった(全地区)
 これらは加美町に限らず、多くの合併市町村で共通してみられることです。これらの問題は合併市町村の行財政構造そのものに起因する問題であり、合併後の職員や議員の責任ではないと思います。合併市町村特有の問題は、役所がどれだけ頑張っても解決できないのが現状です。加美町職員の皆様も、より良い町民生活のために日々努力してくださっていますが、それでもなかなか解決できていません。
 このような市町村合併の根本的問題を解決し、活力ある地域を取り戻すためには、市町村分立が有効だと思います。一刻も早く市町村分立が現実のものとなり、これらの問題の解決の糸口が見つかることを、切に願っております。そして職員・町民の熱意を町政に反映できる小規模行政を通して、活気ある故郷を再び作り上げていければと思います。遠く宮城の地からではありますが、応援しております。

 

宮城県加美郡加美町

O,S氏

2022年01月26日
» 続きを読む