交流広場

ご意見の一覧

転載は大歓迎です。

転載等はすべて了承いたします。

 党派は関係なく、すべて「熊毛町を取戻そう会」の趣旨にご賛同して頂ける方々と連帯・連携していきたいと思います。

 むしろ岡藤さんに転載して頂きたいほどです。よろしくお願い申し上げます。

 そして「熊毛町を取戻そう会」のフォームメールに書き込みして頂きたいと思います、とお伝えください。

2022年12月28日

「やまぐちの自治」掲載記事の転載要望。

お世話になります。山口自治研の竹尾です。さて、今日は、お願いがあります。

 下関市旧豊田町の岡藤和代さん(本研究所会員、元・豊田町議会議員、共産党所属。2004年7月11日に旧豊田町で実施された住民投票のリーダー)は、

「やまぐちの自治」所収の「『分立特別法』の制定を求めて」を読まれてその趣旨に賛同されたようです。過日、岡藤さんから、

「明るい町」(発行:日本共産党豊田町支部)に転載(連載)させてほしい旨の要望が寄せられました。(この「明るい町」紙は、本日、

研究所からご自宅宛てに発送しました)。岡藤さんのご要望をかなえていただきたいと思い、メールを差し上げた次第です。

 ご検討のほど、よろしお願い致します。

2022年12月28日

「やまぐちの自治」に会の活動主旨が掲載されました。

山口県地方自治研究所が発行している機関誌「やまぐちの自治」に「熊毛町を取戻そう会」の紹介および会の運動目的などを記した文が掲載されました。

(参考資料に掲載されたページのコピーが掲載されています。

表紙をクリックすると移動します。)

2022年12月10日

合計特殊出生率2.85の町

 日本で合計特殊出生率が2.1(人口維持出生率)を超える地方自治体があることをご存知でしょうか。2022年10月20日付けの日経新聞に以下のような記事が掲載されました。
「岡山県北東部にある人口5700人余りの奈義町に全国の自治体関係者の視察が絶えない。2019年の合計特殊出生率が2.95まで回復し、少子化対策の「奇跡のまち」として注目を集める。その具体的な施策をみると、起死回生の目玉を打ち出したわけではなく、地域のニーズを住民参加型の施策に反映し、住民意識を高めながら少しずつ支援策を拡充する取り組みに行き着く」というものでした。
 
 奈義町が奇跡的な「人口自然増」を実現している秘密を探る前に、奈義町が「特別な町」でないことを記しておきたいと思います。まず奈義町は岡山県の東北部、鳥取県の県境に所在する人口5861人の、典型的な山村僻地に所在する町だということを御理解して頂きたいと思います。次に奈義町がどんな歴史を辿って来たのか、記すと以下の通りとなります。
*1955年(昭和30年)2月 - 北吉野村・豊田村・豊並村の3村が合併し、奈義町となる。
*1961年(昭和36年) - 陸上自衛隊を誘致。
*2002年(平成14年) - 津山市や他の勝田郡の町との合併が議論されたものの、いずれの市町村とも合併しないことが決定。

*平成の大合併不参加を決めたことで、子供医療費無料化や進学費用支援など子育てしやすい町づくりと移住者誘致に力を入れ、合計特殊出生率は高水準(2019年で2.95)を維持しているーーというのが経過です。
 次に奈義町の産業を見てみると、林業、農業が主体の町で、馬桑地区ではワサビが栽培され、その葉を醤油漬けにしてちらし寿司にのせた「葉わさび寿司」という郷土料理があります。集中豪雨でワサビ田が流失して一時途絶えたが、隣町にある岡山県立勝間田高等学校(勝央町)の協力を得て復活しました。
 製造業としては三社電機製作所、ユニカス工業、エイ・ティ・シイ ミカド、湯山製作所岡山工場、大石金属工業株式会社岡山工場が立地しています。南東部には東山工業団地があり、また奈義町日本原には自衛隊日本原駐屯地があって、広さは、東西6キロ・南北5キロ・総面積約1450万㎡で中・四国地区最大の演習場です。 この演習場は主として中部方面隊管内の部隊が使用しており、年間約16万人の隊員が訓練しています。
 町民の足として公共交通網は町内を通る鉄道路線はないが、町の南側をJR西日本姫新線、町の西側と北側を因美線が走っています。津山駅や高野駅との間にバス路線があるだけだ。町内を通る高速道路もなく、最寄りのインターチェンジとしては中国自動車道津山ICか美作ICを利用することになります。
 町内を走る一般国道は国道53号で、バス路線は中鉄北部バスが津山駅 - 日本原 - 行方 - 馬桑を結び、なぎバスとして「勝間田駅 - 林野高校 - 真加部 - ナギテラス」間を「さと丸乗り合い交通」が連絡しています。


 こうした典型的な日本の山村で合計特殊出生率が2.91となっているのは町の手厚い少子化対策が実施されているからです。その財源として、町は職員数を半減して捻出し、行政サービスを落とさないように努力しているそうです。奈義町の主な子育て支援策を以下に掲げます。どんな寒村であっても、町や村が主体性を持って政策を実施すれば人口減に立ち向かえることを奈義町は示しています。平成の大合併により人口減に見舞われているかつての町や村は行政の主体を取戻して地域の再生を目指さなければなりません。

熊毛町を取戻そう会

2022年12月03日

M氏へのお礼。

M様 

 国土は均衡ある発展をしなければ国全体が良くなることは困難だと思います。
 昨今、水害が多い原因の一つに山間部の耕作放棄地があるのではないかと思っています。ご存知かと思いますが、圃場はダムの役割も果たしたています。また中流域では氾濫原の役割等も果たしてきました。そうした圃場のコメ生産地としての役割外の洪水調節機能もあるのではないかと思います。耕作放棄地が広く中山間地に広がって、水害防止機能が損なわれたのも、昨今の水害が多発している原因の一つではないかと思われます。
 国土を守るためにも地方の衰退を防ぎ、人が暮らすことによって国土が保全されることも考えなければならないのではないかと思います。キャンプ・ブームによって名の知れた観光地だけでなく、ごくありふれた田舎の自然が見直されつつあるのも、良い傾向ではないかと思います。

 M氏の「分立法はなぜ必要なのか。何か成功例は作れないか」というご指摘は正鵠を得たものだと思います。そのためには「困っている現実」を全国で共有化することも必要ではないかと思います。そのためのホームページを作成したつもりです。今後ともよろしくお願い申し上げます。


熊毛町を取戻そう会

2022年08月14日
» 続きを読む